2018年08月05日

ソフトバンク大竹、史上初育成新人プロ初先発初勝利 !!!

8月1日夜、TV スポーツニュースを見ながら、家内と二人、大喜びでした。
我が家で、最も気になる 野球 プロ野球選手の快挙の記念すべき日だったからです。
昨年10月30日のブログにドラフト会議のことを書きました。

8月1日、支配下選手登録からわずか2日で西武戦(メットライフドーム)に先発したソフトバンク大竹耕太郎投手(23歳)が大仕事をやってのけたのです。
強力西武打線を相手に堂々の8回2失点。
育成出身の新人として史上初となる初登板初勝利を飾りました。

20180801大竹.jpg

その日は、我が家を代表して横浜に居る二男がメットライフドームに応援に行きました。
大竹投手を応援するのには、遡ると歴史があります。
早稲田大学4年の時、藤崎台県営野球場で開催された早慶戦の時には、家内が応援に行きました。
済々黌高校時代、二度の甲子園出場の際にも、二度とも家内が応援に行きました。
その前の託麻中時代、田迎小時代、1年後輩の長男は勿論ですが、3年後輩の二男も一緒に野球をしていました。
彼が、小学校6年生の時、私も何度か球を受けた事がありましたが、球の速さもコントロールの良さも他の子供たちに比べて抜きんでいました。

これから、プロ野球選手として、さまざまな試練が待っているかと思います。
しかし、コツコツ努力家の大竹投手なら、必ず乗り越えると信じています。野球

どんな人にも、大変な時はあります。
試練がやって来ることがあります。
しかし、乗り越えなければなりません。

その勇気をもらいました。

大竹耕太郎に感謝! わーい(嬉しい顔)

posted by 河内みかん・赤霧の会 at 16:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: