2018年04月09日

春の海 終日のたり のたりかな

3月中旬から4月初旬にかけて、医療業界では診療報酬改定という面倒な仕組みがあるお陰で、仕事も
少しばかり忙しくなります。
その時期がやっと終わったこともあり、昨日(4月8日)は何の予定も入らなかったこともあり、朝早く(4時)に起きて、家人と天草を堪能して来ました。朝早くと言っても、毎朝5時から6時の間に起きるので、そう早い訳でもありませんが・・・。

朝セブンの珈琲とサンドイッチを食べながら、まず向かったのが本渡港の南側。
ここは、去年の8月家族旅行でお世話になった 「和み宿 親和荘 海心」 さんから教えてもらったところ。
釣り糸を垂らしましたが、前日からの寒さのせいか、なかなか釣果があがりません。

こういう時は、釣りは一旦やめて、次の目的の「丸尾焼」さんへ。
3月17日から開催されている「春の窯出し」の最終日にぎりぎり「セーフ」。
家人はお目当てのお皿を手に入れることが出来て満足そうでした。
美味しい珈琲もいただきました。 喫茶店

お昼は、丸尾焼の三兄弟の長男さんから教えてもらった「亜壽多」さんへ。
IMG_0686.jpg
ここは手打ラーメン・中華料理の店です。
お昼前に入ったので、席を詰めてもらって座れましたが、地元でも有名なお店だそうで、お昼過ぎると順番待ちのお客さんでいっぱいでした。とっても美味しいお昼にありつけました。

それからは、気を取り直して、再び魚釣りに!
お腹も膨らみ、午後になり気温も上がって来て、朝早かったせいもあり、横になって魚釣りをしていたら、
つい、うとうとと気持ちよく眠ってしまいそうな感じに・・・。
IMG_0687.jpg
いえいえ感じではなく、その後、鼾までかいて、数十分の間、バク睡していたそうです。
バク睡前の眠たくなった時に、頭に浮かんだのがこの一句。
春の海 終日(ひねもす)のたり のたりかな
作者は、与謝蕪村、のどかな感じがする、大好きな句です。

まぁ、そんな感じでの釣りでしたが、晩ご飯には二人で十分な釣果でした。
IMG_0688.jpg

当たりが来ない時間に、竿を置いて拾った「ミナ貝(ニナ貝)」。
こどもの頃、宮崎県の延岡市に住んでいたので、毎年4月の終わりに家族で、北浦町の海に潜ってこの
「ミナ貝」を獲っていました。ですから、とても懐かしい想いで、拾いました。
IMG_0685.jpg
帰りに寄った JA直売天草「天草とれたて市場」で見たら、僕が採った半分の量が200円で売られていました。

市場の外で売っていた「きびなごの天ぷら」をおやつ代わりに買ったら、「福引どうぞ!」と勧められ、クジを引いたら、お店の人が、カランカランと鐘を鳴らして、「出ました、三等!おめでとうございます!」と声を張り上げます。ちょっと恥ずかしい気持ちになり「今までこんな物であたったことはないので、どうせティッシュか何かだろう」と思っていたら、何と地元産「宮地岳米」3kg。
IMG_0691.jpg
「こん米はワシが作った米だけん、うまかぞ!」と本物の生産者のおじいさんから直接贈呈していただきました。

夜は、当然、塩茹でにした「ミナ貝」と新鮮「キスの天ぷら」で「乾杯!」 ビール
IMG_0692.jpg

楽しいことが沢山あった一日でした。わーい(嬉しい顔)




posted by 河内みかん・赤霧の会 at 11:25| Comment(0) | 日記

2018年04月02日

第21回熊本県高校野球OB大会 熊本市地区予選

4月1日、熊本市地区予選(Aパート)が、日赤グラウンドで行われました野球
第一試合、息子の母校野球部OBが出場exclamation
たまたま、主人が審判として配属されていて
我が家にとっても記念になる試合になりました。


IMG_0514.JPG


息子の友だちキャッチャーのOくんと球審の主人。
懐かしい光景に、息子の野球部時代が思い出されました揺れるハート
今回は、残念ながら息子は参加できませんでしたが、
いつかあの頃の仲間と一緒にプレーしている姿をまた見たいと思いました。

下は、息子と同級生19歳から、上は現役部員のおじい様まで
幅広い年齢層がひとつのチームとして参加します。
互いのチームの、身内への温かい野次がなんとも言えずおかしくて
珍プレー、好プレーに拍手したり笑ったり・・・
年齢を感じさせず、軽やかなステップで守備をこなす選手。
一塁から二塁へ走塁するだけで息切れしている選手。

いつもの緊張感の漂う野球観戦と違い、気軽な気持ちで観戦できて
春の陽気の空の下、楽しませていただきましたわーい(嬉しい顔)

チームは惜しくも負けてしまいましたが
選手たちは久し振りの野球と、みんなとの再会がとても嬉しそうでした。
最後の記念写真は、笑顔でいっぱいでしたexclamation×2


IMG_0515.JPG

帰り道、益城町小谷の道沿いにチューリップが咲き誇っていましたハートたち(複数ハート)
『被災地にチューリップを咲かせようプロジェクト』の一環でしょうか?
あまりに色鮮やかで綺麗でしたので、車を停めて撮影しましたカメラ

すっかり春ですね黒ハート


IMG_0516.JPG





posted by 河内みかん・赤霧の会 at 18:19| Comment(0) | 日記

2018年03月31日

きじ馬

今月の26日(月)から29日(木)まで、光の森、熊本、八代、人吉と4日間連続で、ORCA診療報酬改定説明会を実施しました。
この写真は、最終日の人吉会場の『中小企業大学校 人吉校』のエントランスホールに飾られている、熊本県伝統工芸品の『きじ馬』です。作者は、二代目 住岡忠嘉さん。
かなり、大きな立派な作品でしたので、説明会の前に カメラ

きじ馬3.jpg

この『きじ馬』のことが書かれている記事を紹介します。
人吉球磨地方では馴染み深い郷土玩具のきじ馬、花手箱、羽子板。その始まりは約800年前にまでさかのぼる。
壇ノ浦の戦いに敗れて九州の山間へと落ちのびた平家一族は、縁のある球磨の領主を頼って人吉へと向かう。しかし、その地はすでに源家の地頭の世となり、頼りを失った彼らはさらに人吉の奥地へと逃げ、永住の居を定めた。都の栄華を偲び、寂しさを慰めるために彼らが作り始めた無雑作な玩具が、現在のきじ馬の原型になったといわれています。
赤、黄色、緑、白と、鮮烈な色彩は今も受け継がれ、毎年2月に開催される人吉のえびす市では露天に並ぶきじ馬を男児に、花手箱を女児への土産として買って帰るのが習わしとなっている。一旦は廃れようとしていたこの郷土玩具を、初代・喜太郎さんが苦労の末に復興。その意志を受け継ぎ、現在は2代目の忠嘉さんがきじ馬をはじめとする木工を担当。妻・るり子さんは色付け、長女・久美子さんは花手箱、次男・高行さんは現代風のかんざしやアクセサリーなど、家族それぞれが得意分野を生かして作り続けている。

高速道路、山江サービスエリアにもこの『きじ馬』(作者は分かりません)が置いてありますね! わーい(嬉しい顔)


posted by 河内みかん・赤霧の会 at 10:40| Comment(0) | 日記